現評議員を代表理事に選定する手続きについて

現評議員を代表理事に選定する手続きについて

投稿記事by 悩める事務員 » 2021年3月06日(土) 13:43

いつもお世話になっております。
当法人はT社の出捐金で設立された公益財団法人ですが、代表理事は長らく大学の名誉教授が務められていました。先頃その名誉教授から代表理事を退任したい旨の打診が有り、現在T社役員をしている評議員(当財団では評議員会議長としている)を代表理事にする予定です。なお令和3年度は理事の改選期です。この場合、6月に開催される定時評議員会で評議員会議長を辞任による退任をし、同時に理事に選任するのは可能でしょうか?続いて開催の臨時理事会で代表理事に選定します。一方、現在の代表理事は任期満了による退任となりますが、同じく定時評議員会で評議員に選任することは可能でしょうか?
宜しくお願い致します
悩める事務員
 

Re: 現評議員を代表理事に選定する手続きについて

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2021年3月10日(水) 10:57

悩める事務員 様

投稿ありがとうございます。
理事になられる評議員がいつ辞任されるかにより対応・手続きが変わると考えます。
多くの場合、定時の評議員会の終結後に辞任する旨の辞任届を出されます。
そうであれば、その評議員会では議長として職務を果たし、議案として、終結後に辞任することを条件に理事として選任することになります。
また、同様に代表理事が任期満了を条件に(評議員会終結時を始期として)評議員に選任する議案になると考えます。
選任の議案にはその条件を明確にする必要があると思われます。議事録等の実務については、司法書士又は登記官に事前に確認してください。

                                                     以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 

Re: 現評議員を代表理事に選定する手続きについて

投稿記事by 悩める事務員 » 2021年3月16日(火) 08:50

星野様、誠に明解なご回答を賜り誠に有難う御座いました。
議事録の記載方法の事前確認の件、承知しました。
今後ともご指導賜りますよう宜しくお願い致します。
悩める事務員
 


Return to C04. 理事・代表理事・執行理事