寄附金取扱規程について

寄附金取扱規程について

投稿記事by 菊間重之 » 2021年9月10日(金) 18:58

お世話になっております。
寄附金取扱規程について質問があります。
1.寄附金取扱規程は、公益認定において、設置が必須あるは望まれる規程でしょうか。
2.御財団の同規程、その他の財団の同規程に、「一般寄附金」「特定寄附金」「特別寄附金」の定義規定がありますが、
これは、何かの法律やガイドラインに基づくものでしょうか。また、これらの寄附金を区別する意義は何でしょうか。
菊間重之
 

Re: 寄附金取扱規程について

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2021年9月15日(水) 12:32

菊間重之 様

投稿ありがとうございます。
幣協会は、ご指摘のように預かった寄附金の種類を「一般」、「特定」、「特別」と区別してその名称を付しています。
区別・区分する根拠は法令の定めによります。法令を確認します。
寄付金については、認定法17条に「募集に関する禁止行為」を定め、「募集」による方法があること、同法18条1号に「寄付を受けた財産(公益目的事業以外のために使用すべき旨を定めたものを除く)」と定め、「公益目的事業財産以外」(法人会計)の財産として使用できることを示唆しています。また、認定法施行規則22条3項5号6号に「交付した者の定めた使途に従って使用し若しくは保有して」、「使途に充てるために保有して」と定め、使用・保有等の制約のある指定正味財産を示して、同条5項1号2号に「区分に応じ当該各号に定める事項」、「備置き及び閲覧等」を定め、「募集」、「前号以外」に区分することを命じています。
法令の定めから寄附金を記述のように区別・区分しなければなりません。しかしその名称については定めがないので、幣協会は独自に定めています。各法人が適切と考える任意の名称を使用して差し支えないと考えます(もっとも誤解の生じない配慮が必要でしょう)。また、税法の区別と同じにする必要もないとも考えます。小職なら、「一般」「募集」「特別」に分けるのも一案と思います。
寄附金の名称の適正性はさておき、区別する意義は、法令に基づきその内容を区別するために、寄付者が分かるように個々の名称を付す必要があるからと解されます。
                                                          以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 

Re: 寄附金取扱規程について

投稿記事by 菊間重之 » 2021年9月15日(水) 19:42

星田先生
ご丁寧なご回答ありがとうございます。よく理解できました。
1番目の質問について追加の確認です。公益認定は、「許可」ではないので、形式基準は所定の申請書式以外は存在しないのかもしれません。そうだとすると、寄附金取扱規程が適正な形で設置されていることの事実は、コンプライアンスに叶った法人自治がなされていることの証左として、公益認定における参考資料のひとつとなっている、との理解でよろしいでしょうか?
菊間重之
 


Return to C23. その他



cron