特別の利益について

特別の利益について

投稿記事by 交差点 » 2021年2月25日(木) 10:34

 お世話になります。

 公益法人における「特別の利益」についてご教示をお願いいたします。

 当公社では,自社ビルや管理施設を対象として施設賠償保険や火災保険,イベント参加者に対する傷害保険など,複数の保険を利用しております。

 現在,これらの保険は事務処理等の効率化のためH29年度から契約先を1本化しており,毎年複数の指名業者からの提案を受け,その中で最も適した保険内容・価格を提示した業者と契約を締結しております。

 ここで質問ですが,保険契約先の選定を毎年実施していたのですが,現在契約している保険会社(A社)の保険商品と同等以上の保険が他の保険会社になく,他の保険会社に確認したところ,今後も発売予定がないとの回答があったことから,契約先選定を3年ごとに実施したいと考えています。

 つまり,3年毎に契約先業者を選定し,保険契約は1年毎に締結することになるのですが,この方法は「特別の利益」の供与等,法的に問題ないのでしょうか。

 ご教示くださるようお願いいたします。
交差点
 

Re: 特別の利益について

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2021年2月27日(土) 17:05

交差点 様

投稿ありがとうございます。
ご存知のように、認定法では、税制の恩典を受けることも含めて認定基準として、社員等の関係者に対し特別の利益を与えないものであること、株式会社その他の営利事業を営む者又は政令2条に定める特定の個人若しくは団体の利益を図る活動を行う者に対し寄附その他の特別の利益を与える行為を行わないものであることを定め(同法5三,四)、政令2条では、1号に「株式会社その他の営利事業を営む者に対しての寄附その他の特別の利益を与える活動を行う個人又は団体」を、2号に「社員その他の構成員又は会員若しくはこれに類する府令2条で定める者の相互の支援、交流、連絡その他の社員等に共通する利益を図る活動を行うことを主たる目的とする団体」と定めています。本事案は2号についてのことでないと考えます。
公益認定等ガイドラインⅠ-3.「認定法第5条第3号、第4号関係〈特別の利益〉では、「特別の利益とは、利益を与える個人又は団体の選定や利益の規模が、事業の内容や実施方法等具体的事情に即し、社会通念に照らして合理性を欠く不相当な利益の供与その他の優遇がこれに当たり、申請時には、提出書類等から判断する」と記載しています。つまり「社会通念」から判断されその選択に合理的説明ができるか否かと考えられます。
貴法人の場合、記述から、3年ごとに必要な保険商品を他の保険会社に再度確認され、さらに1年ごとに契約されていること、また選択の判断に際して、社会通念から保険事由の必要性、保険金額・保険料の妥当性等を合理的を再確認されているでしょうから、「特別の利益」云々の議論は生じないと思われます。
                                                                    以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 

Re: 特別の利益について

投稿記事by ゲスト » 2021年3月02日(火) 09:47

公法協相談員 星田寛 様

ご回答いただきありがとうございました。
今回の件は,特定の利益には当たらず,特に問題はないとのご回答で安心しました。
本件の対応により,毎年の業者選定業務に関する事務も3年毎にできますので,業務効率化の一助にもなりそうです。

ご多忙の中でのご対応誠にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いいたします。
ゲスト
 


Return to C23. その他