トップページ » 項目別 » 日本の民間公益活動 » 中間支援団体

"中間支援団体 (日本の民間公益活動)"

(読み) "チュウカンシエンダンタイ"

資金・人材・情報などの資源提供者と非営利組織を仲介し、非営利組織の育成に関わる一方、行政・企業・個人などの資源提供者のそれぞれの間に立って、そのパイプ役として中立的な立場で、それぞれの活動を支援する団体をいう。
また、個々の非営利組織が抱える問題などを、非営利組織同士がネットワークを組み、解決を図るという取組みを促進する役割も担う。さらには、非営利組織に対するニーズを発掘・把握したり、社会的課題について、社会全体に訴え共有化し、新たな問題解決方法なども創出し、その実現のための要望活動をしている。
つまり、ファシリテイターであり、ナビゲイターでもあり、インキュベーターであって、 コーディネーターである。

by 公益法人協会