トップページ » 項目別 » 公益認定法(法律) » 定期提出書類

"定期提出書類 (公益認定法(法律))"

(読み) "テイキテイシュツショルイ"

公益法人が行政庁に提出すべき定期提出書類には(1)毎事業年度開始の日の前日までに提出する必要のある「事業計画書等」と(2)毎事業年度経過後3箇月以内に提出する必要のある「事業報告等に係る提出書類」の2つがあります。(認定法第22条) (1)「事業計画書等」とは①事業計画書・収支予算書 ②資金調達及び設備投資の見込みを記載した書類 (2)事業報告等に係る提出書類とは①運営組織及び事業活動の状況の概要及びこれらに関する数値のうち重要なものを記載した書類について ②法人の基本情報及び組織について ③法人の事業について ④法人の財務に関する公益認定の基準に係る書類について ⑤事業報告書、貸借対照表、損益計算書その他の添付書類 から構成されます。詳しくは「定期提出書類の手引き 公益法人編」を参照下さい。「定期提出書類の手引き 公益法人編」は国・都道府県公式公益法人行政総合情報サイト「公益法人information」からダウンロード出来ます。

by 公益法人協会