トップページ » 項目別 » 一般法人法 » 清算人

"清算人 (一般法人法)"

(読み) "セイサンニン"

一般社団法人又は一般財団法人が清算する場合には、その清算法人には1人又は2人以上の清算人がおかれる。(一般法§208①)。
清算人には①理事(②、③がある場合を除く)、②定款で定める者、③社員総会又は評議員会の決議によって選任された者がなる。上記①~③により清算人となる者がないときは、裁判所は利害関係者の申立により、清算人を選任する(同法§209)。
清算人の職務は、①現務の終了、②債権の取立て及び債権の弁済、③残余財産の引渡しである(同法§212)。

by 公益法人協会