トップページ » 項目別 » 海外事情 » Charitable Remainder Trust

"Charitable Remainder Trust (海外事情)"

(読み) "チャリタブルリマインダートラスト"

米国で広く利用されている財産の公益寄附制度である。すなわち、生前は本人や家族のために元本収益を受取り、死後残余財産は公益法人等に寄附させることを内容として設定される信託である。税制上一定の条件を具備することにより相続財産からの控除など税制上の一定の優遇措置がある。日本語では「公益残余権信託」と訳されることもある。日本でも、公益法人協会や信託協会が要望し平成22年税制改正により、このCRTとCharitable Lead Trust(CLT)をミックスした形の「特定寄附信託」制度が税制上誕生した。

by 公益法人協会