トップページ » 項目別 » 公益認定法(法律) » 行政庁

"行政庁 (公益認定法(法律))"

(読み) "ギョウセイチョウ"

行政庁は公益法人の公益認定(含む移行認定)および移行法人の移行認可ならびに公益法人・移行法人の監督をおこないます。具体的権限については認定法、整備法に個別に定められています。特例民法法人が移行認定申請または認可申請する場合に申請書を提出する先の行政庁は①2以上の都道府県の区域において登記された事務所を設置する法人 又は②公益目的事業(公益法人の場合)または公益目的支出計画の実施事業(移行法人)を2以上の都道府県の区域内において行う旨を定款で定める法人は内閣総理大臣、①および②に該当しない法人はその事務所が所在する都道府県知事とされています。(整備法第47条)
ただし、旧主務官庁が省庁である特例民法法人の移行認可申請先は定款における実施事業の地域の定めの如何にかかわらず、内閣総理大臣になります(整備法第47条1号ニ)。また認定法第3条に上記と同様の定めがありますので一般法人から公益法人への認定申請先および認定後の公益法人の監督についても上記と同様の区分となります。

by 公益法人協会