2016年10月04日


『公益法人』 2016年10月号  特集 「緊急座談会 休眠預金活用法の成立に向けて」 「平成29年度税制改正要望」 「日本のフィランソロピーを探る (会津育英会)」 等


今期も後半戦にはいりました。

今月の特集は、民間公益活動を促進するための資金活用として“休眠預金の活用”について緊急座談会の模様をお伝えしています。
休眠預金活用法案の成立をめざしている様々な立場の5名が参加し、休眠預金の活用について質疑応答、意見交換をしています。

平成29年度税制改正に関する要望については、内閣府が「現物寄附のみなし譲渡所得税等に係る特別措置適用の承認手続きの簡素化」を盛り込んだ件、また、栄典授与の重点方針について取り上げています。

好評の「運営カレンダー(Q&A)」は、法人の組織変更について。
事業譲渡、他法人への移行、合併、解散等を解説しています。

「日本のフィランソロピーを探る」では、115年の歴史を誇る (公財)会津育英会に、表紙は、(公財)古都飛鳥保存財団にご登場いただきました。


〈特集〉 緊急座談会  休眠預金活用法の成立に向けて
〈国内トピック①〉 各府省庁 平成29年度税制改正要望まとまる
〈国内トピック②〉 「栄典授与の中期重点方針」を閣議了解
〈連載〉 日本のフィランソロピーを探る③ 会津育英会
〔公益法人資産運用への緊急提言!〕
事業遂行のための公益法人資産運用は、現状を打破し、進化できるのか?(2)   
〈海外レポート〉 愛徳基金会ホスピスケア・トレーニングセミナー     
〔公益法人・一般法人 運営カレンダー(Q&A)〕  第7回 法人の組織変更
〔書評〕 『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門』
□表紙の会員「(公財)古都飛鳥保存財団」

s-%E3%80%8E%E5%85%AC%E7%9B%8A%E6%B3%95%E4%BA%BA%E3%80%8F10%E6%9C%88%E5%8F%B7%20%E8%A1%A8%E7%B4%99.jpg