2015年9月03日


【新ポイントシリーズ開始】  まず始めは「収支相償」


制度改革にともなう移行に関する諸課題を中心に、その対策についてお伝えしてきた「ポイントシリーズ」が、復活です。
これからは、団体自治にもとづく法人運営に関するテーマを取り上げてまいります。

まずは、多くの法人が悩み、困っている「収支相償」について、5回にわけて一挙に掲載いたします。
http://www.kohokyo.or.jp/caption/diary.html

•第1回 収支相償の基本的な考え方
•第2回 第1段階で黒字が出た場合(短期的解消が見込まれる場合)
•第3回 第1段階で黒字が出た場合(短期的解消が見込まれない場合)
•第4回 第2段階で黒字が出た場合(翌年度又は翌々年度に解消が見込まれる場合)
•第5回 第2段階で黒字が出た場合(中長期的な観点から検討する場合)


本シリーズでは、随時テーマをかかげて、ポイント解説を掲載していく予定です。
乞うご期待下さい。