2014年7月23日


【改正対応】  『実務からみた公益法人・一般法人の理事の役割と責任』 が刊行


新制度においては、理事の役割と責任が明確になった一方で、
実務上のお悩み事も多くなっているという声が多く聞こえます。

そこで理事の役割と責任について、複雑・難解な「一般法人法」を、
実務家目線で、分かりやすく解説した
『実務からみた公益法人・一般法人の理事の役割と責任』を刊行いたしました。

また、一般法人法が改正されました(6月20日可決成立、27日公布、法律第91号)。
理事はじめ役員等に関する規定が変わりました(外部理事や責任限定契約等)。
本書は、もちろんこの最新の改正内容もおり込んでいます。

KOHOKYO Libraryの第2弾
執筆は、弊協会法務担当の専務理事・鈴木勝治です。
監修は、非営利法人法制に詳しい弁護士・濱口博史氏です。
皆様の疑問や不安が一気に解決します。

書籍申込みは、こちら
http://www.kohokyo.or.jp/publish/rijiyakuwarisekinin.html

A5判、196頁
定価1,500+税(会員割引あり)

 主な目次

第Ⅰ部 理事(理事会)の役割
 第1章 旧民法との制度的差異
 第2章 理事会の制度変更
 第3章 制度変更の意義
 第4章 理事会運営規則について
 第5章 よくある実務上の質問

第Ⅱ部 理事の責任
 第1章 役員等の責任の概要
 第2章 個別の責任とその(一部)免除

第Ⅲ部 内部管理体制
 第1章 内部管理体制の概要
 第2章 内部管理体制における理事の役割
 第3章 今後の動向

書籍詳細は、こちら
http://www.kohokyo.or.jp/publish/rijiyakuwarisekinin.html

お問合せは、こちら
当協会出版担当  Tel 03-6824-9875(直通)
             E-Mail shuppan@kohokyo.or.jp