2013年6月14日


【緊急講演】 アメリカの助成財団の新しい動き「フィランソロピーの新たなフロンティアと助成財団の役割」を開催(6/14)


当協会は、緊急講演会「アメリカの助成財団の新しい動き」を、6月14日(金)、当協会10階会議室にて開催した。
助成財団関係者ら14人が参加した。

小林立明氏(ジョンズ・ホプキンス大学市民社会研究所国際フィランソロピー・フェロー)をスピーカーとしてお招きし、
「フィランソロピーの新たなフロンティアと助成財団の役割」というテーマで講演された。

小林氏より、アメリカにおける新たな時代の助成財団の課題、課題解決に向けたモデル、新たなソーシャル・ファイナンスの仕組み、「フィランソロピーの新たなフロンティア」領域における助成財団のユニークな役割などの紹介がされた。
その後、日米両国の仕組みの違いや、アメリカの仕組みの日本への導入の可能性などについて参加者らとディスカッションが行われた。

講演資料は、以下のとおり。
 The Role of Grant-making Foundations in the Age of “New Frontier of Philanthropy”

130614CIMG5139.jpg