2013年2月14日


『助成財団の集い』 太田理事長が講演「厳しい環境下における助成財団の展望と期待」(2・14)


(公財)助成財団センターは、14日(木)、『平成24年度 助成財団の集い』を、東京・永田町にある星陵会館にて開催した。参加者は、約200名。

セミナーⅡとして、当協会・太田理事長が、「厳しい環境下における助成財団の展望と期待」をテーマに講演された。
 
 主な項目は、以下の通り。

 ・市民セクターと助成財団の立ち位置
 ・新設助成型公益法人設立者別分類
 ・新制度の改善すべき点
 ・助成財団の果たしてきた功績
 ・果たして助成財団は冬の時代にあるのか
 ・新しい潮流「市民コミュニティ財団」の状況

DSC_0158.jpg

DSC_0162.jpg


本集いのプログラムは、次の通り。

 ・開会の挨拶   (公財)助成財団センター 理事長 熊谷一雄
 ・セミナーⅠ   「新制度における助成財団の適正運営のポイント
               ―定期提出書類・立入検査の実態を踏まえて―」
            内閣府 公益認定等委員会事務局 局長 高野修一
               同  事務局 審査監督官 高角健志
 ・情報提供    「助成事業の完全WEB化・DB化に向けて」その後の状況
             (公財)助成財団センター プログラムディレクター 渡辺 元
 ・セミナーⅡ (略)
 ・閉会
 ・情報交換・懇談会