2012年3月15日


【新刊案内】『公益法人・一般法人の会計実務』(出塚清治・辺土名厚編著)刊行のご案内(3/22より発売)


 公益法人協会は、新刊『公益法人・一般法人の会計実務』を3月22日(木)より発売開始いたします。
 著者は、公益法人会計の第一人者である出塚清治・辺土名厚両氏を筆頭に、そのエキスパートとして幅広く活躍している小渕昭範・小林敬・長岡美奈3氏による充実した執筆陣です。
 本書は、平成20年基準に対応し、日々の仕訳から決算まで年間を通してお使いいただけます。さらに、公益法人・一般法人別に、定期提出書類の作成まで具体例を示しながらわかりやすく解説されております。新制度適合の会計規程も収録し、貸借対照表内訳表作成の必要性にも言及するなど、実務上誤解の多い部分などにも十分にお応えしたものとなっています。総務・経理ご担当者、税理士・会計士など、公益法人・一般法人の会計実務に関わるすべての方々必携の書です。

<目次>
第1部 公益法人制度改革及び公益法人会計基準の概要
第1章 公益法人制度改革の概要
1 公益法人制度改革の経緯 2 一般法人の設立 3 特例民法法人等と経過措置 4 公益法人への移行 5 一般法人への移行 6 一般法人から公益法人への移行 7 「平成20年会計基準」について

第2章 公益法人会計基準の概要
1 公益法人会計基準の沿革 2 平成20年会計基準の設定の趣旨 3 平成20年会計基準の適用範囲 4 平成16年会計基準から平成20年会計基準への変更点 5 一般原則 6 事業年度 7 会計区分 8 貸借対照表内訳表の作成の必要性 9 平成20年会計基準の適用時期

第3章 財務諸表
1 貸借対照表 2 正味財産増減計算書 3 附属明細書 4 キャッシュ・フロー計算書 5 財務諸表の注記 6 財産目録

第4章 新公益法人制度における収支予算書と会計規程
1 新公益法人制度で求められる収支予算書の意味と実務的対応 2 収支予算書と実績の対比 3 新公益法人制度と平成20年会計基準に基づく「会計規程」の例

第2部 公益法人会計の実務
第1章 主要科目の会計処理
1 現金預金 2 債権等 3 有価証券 4 棚卸資産  5 基本財産 6 特定資産 7 その他固定資産 8 会計上の固定資産と認定法の控除対象財産 9 債務等 10 経過項目 11 引当金 12 指定正味財産と一般正味財産 13 基金 14 経常収益及び経常費用 15 経常外収益及び経常外費用 16 会計区分と収益・費用 17 他会計振替額と他会計貸借勘定 18 補助金等の会計 19 支部の会計 20 リース取引の会計 21 減損会計 22 税効果会計

第2章 公益社団・財団法人の財務諸表等及び定期提出書類の作成事例
1 認定申請上の事業区分と平成20年会計基準の会計区分 2 貸借対照表(内訳表を含む。)及び正味財産増減計算書(内訳表を含む。)の作成事例 3 注記事項、附属明細書及び財産目録の作成事例 4 定期提出書類の記載例

第3章 移行法人の財務諸表等及び定期提出書類の作成事例
1 認可申請上の事業区分と平成20年会計基準の会計区分 2 貸借対照表及び正味財産増減計算書(内訳表を含む。)の作成事例 3 注記事項及び附属明細書の作成事例 4 公益目的財産額の確定に係る必要書類の記載例 5 定期提出書類の記載例

参考資料 公益法人会計基準・運用指針
参考資料1 公益法人会計基準(平成20年) 参考資料2 公益法人会計基準の運用指針

※本書の詳細、お申し込みについてはこちらをご覧ください。
http://www.kohokyo.or.jp/jaco/jigyo/publish/kaikeijitsumu.pdf