2011年6月17日


『東日本大震災被害者救援基金』の第3回配分先決定(6/15)


 弊協会「東日本大震災被害者緊急支援のための救援基金」へ、3月14日の立上げ以降、6月13日現在、総額約1,975万円のご寄附をお寄せいただきました。ご支援、ご協力に厚く感謝申し上げます。
 
第3回配分につきましては、6月3日までに、22団体から申請がありました。
6月15日に配分委員会を開催し、選考の上、13の配分先団体を決定いたしました。
配分先13団体への配分金額は、計628万8,000円となりました。


◇配分採択団体及び支援活動内容(順不同)

1、国際交流協会ともだちin名取(宮城県名取市):
仮設住宅居住者へのメンタルケア。仮設住宅訪問、茶話会の開催による精神面での支援等、避難所ボランティア。

2、(特活)国際支援地球村(宮城県石巻市):
 買い物代行等物資調達、炊き出しボランティア、人道支援等

3、(特活)笹舟(宮城県仙台市若林区):
 陸前高田を中心とした物資発送、ウェブによる情報発信、市消防団やアマゾン等との連携による各種支援業務

4、仙台傾聴の会(宮城県仙台市太白区):
 避難所や仮設住宅における傾聴活動、心のケア等に関する研修会、傾聴ボランティア養成等

5、(特活)せんだいファミリーサポート・ネットワーク(宮城県仙台市青葉区):
 被災児童および家族への支援物資配送(無償)、子育て家庭向けの防災冊子の発行・配布等

6、遠刈田&青根元気プロジェクト(宮城県刈田郡蔵王町):
 石巻市・山元町・亘理町等被災地への物資提供、遠刈田・青根温泉の二次避難者のための出張大道芸などイベント開催

7、ぶれいん・ゆに~くす (宮城県仙台市青葉区):
 気仙沼、亘理町周辺の被災地域にいる発達障がい児・家族およびその支援者に対する支援、研修の実施等

8、(特活)冒険あそび場・せんだい・みやぎネットワーク(宮城県仙台市青葉区):
 被災地における「遊び場」づくり、そのためのプレーリーダーらの養成・ボランティアのコーディネート等

9、みやぎジョネット(みやぎ女性復興支援ネットワーク)(宮城県仙台市青葉区):
 被災地女性への各種支援活動。物資提供、サロン・茶話会開催、提言・弁護士相談等

10、(認特活)ロージーベル(宮城県仙台市青葉区):
被災児童のメンタルケアを目的とした講演会や朗読会等の実施、石巻市や名取市等の避難所および個人への物資配送等

11、World Open Heart (宮城県仙台市青葉区):
 被災地支援者のための相談および研修会の開催。支援者側の心のケアや相談等

12、(特活)ワンファミリー仙台(宮城県仙台市青葉区):
震災当日の帰宅困難者から、避難所・高齢者施設・障がい者施設・子どもの施設等への支援物資配送や炊き出し支援等

13、在宅看護研究センターLLP
 メンタルヘルスの受け手と担い手にとってのセカンドハウス「ここさこらんしょ」を拠点とした支援活動。被災者の「心の復興」、看取りケア、担い手へのメンタルヘルスサポート等


 配分金は、第3回配分委員会開催の翌日6月16日に配分採択13団体にお振込みいたしました。皆様の暖かいご支援により、被災地の方々が一日も早く復興に向けて、力強い一歩を踏み出されますよう皆様とともにお祈りする次第です。お預かりしている基金は、今後も配分委員会を開き、基金募集終了後までに数回にわたり配分させていただきます。


第3回救援基金配分先一覧の詳細はこちらです


<参考>
第3回配分要綱