2009年12月22日


新制度の運用についての要望書を提出


 公益法人協会では12月21日、内閣府公益認定等委員会事務局を訪問し、仙谷由人・内閣府特命担当大臣(行政刷新担当)宛てに、各所管行政庁並びに特例民法法人の主務官庁における新制度の運用について要望書を提出しました。

 要望事項は4点です。具体的要望として「不適切な審査・指導を改めること」「審査事務を抜本的に簡素化すること」「政府関連公益法人の見直しと公益法人制度への移行を切り離すこと」の3点を、今後早期に解決すべき要望として「法の改正」を挙げています。

 要望書の全文はこちらです。