2009年10月01日


2009年度AGNA年次会議が開催されました


2009年9月20日(日)から22日(火)の3日間、2009年度AGNA年次会議が南アフリカ共和国ヨハネスブルクで開催され、30カ国からの参加者が集まりました。(公財)公益法人協会からは調査部員白石がこれに参加し、本会議のメインテーマである「Legitimacy(正当性)、Transparency(透明性)、Accountability(説明責任)」について各国の参加者らと活発にディスカッションを行いました。AGNA(The Affinity Group of National Association)は各国の中間支援団体を会員とし、世界の市民社会の強化を目指す国際的な市民社会組織「CIVICUS」の一部門であり、世界各国の中間支援団体が抱える諸問題の対応を図ることを目的に設立されたものです。

第1日目は、午前中に国際的な金融危機が市民社会に与えている影響についてディスカッションし、午後からは今回設置されたAGNAリジョナル会議において今後の同会議の運営方針について話し合われた。2日目、3日目はAGNA年次会議のメインテーマである市民社会組織のLTAについて話し合われた。

報告内容の詳細は月刊誌「公益法人11月号」に掲載する予定です。



◇Legitimacyの概念を説明する白石調査部員