2009年6月17日


『公益法人 定款・諸規程例』増刷しました


 『公益法人 定款・諸規程例』を補訂版として増刷しました。
 本書は、平成20年12月の発売以来、当初の予想をはるかに上回るご好評をいただき、増刷の必要が生じておりました。このたびの増刷にあたり、お待たせした皆様にはご迷惑をおかけいたしましたことお詫び申し上げます。
 このたびの増刷にあたりましては、発行日以後の経験を踏まえて表現方法を変え、補訂をすることにいたしました。表現方法を変えたところについては、本書内について簡単なコメントを<解説>や<留意事項>に付け加えておりますが、次のとおり補訂版をもって改めましたことをお断りいたします。

<補訂版・主な変更点>
○役員等の任期・・・一般法と同一の表現とした(社団の定款§30③、財団の定款§19②、同§36③)
○基本財産の定義・・・複数の定義を一本化した(社団の定款§48②、財団の定款§9②一、三、四、③、資金運用規程(分離・合体型とも)§4)
○(財団の)定款の変更・・・定款の変更不可条項として、公益目的事業(§4)を追加した(財団の定款§54①、②)
○末尾財産目録表示・・・基本財産の目録表示を削除した(財団の定款末尾)
○会費規程・・・社団法人の会費規程を挿入した(入会及び退会規程の次頁以降)
○監事の報酬・・・一般法と同一の表現とした(役員(及び評議員)の報酬等並びに費用に関する規程§4②)


◇本書の詳細・お申込は こちら をご覧ください