2008年12月01日


新制度本日施行  ―太田理事長所感―


 財団法人公益法人協会は新制度施行にあたり、理事長所感を発表しました。
全文は次の通り。


 愈々待望の公益法人制度改革3法と関連税法が本日施行されました。

 明治29年以来続いた民法による公益法人制度は、終焉を告げ民間の自発的
な公益活動を奨励し支援する理念の下、第三者委員会による公益認定を軸とす
る透明性の高い新制度が発足いたしました。民間公益活動にとって新しい歴史
の第一歩となる日です。

 どうか、内閣府公益認定等委員会はじめ各都道府県公益認定等合議制機関並
びに各事務局の方々には、今後の日本の社会を担う新公益法人が、地域の隅々
で、そして得意とする専門分野で伸び伸びと活動できるよう、長い目でこの画
期的な新制度を共に育てて行こうではありませんか。

 11月27日に発表された池田守男公益認定等委員会委員長の談話にもあるよう
に、『「公」の精神に溢れた「志」のある公益法人を、暖かい審議を通じ一つ
でも多く世の中に送り出していく役目』を果たされることを切望するものです。