2008年8月25日


公法協 公益認定等委員会へ要望書を提出


 新制度の全面施行を控えて、公益認定等委員会事務局では各都道府県などで、新制度の説明会を開催しています。これらの説明会に参加された方々から、事務局の説明はどうも一般法人を移行先法人として推奨しているように受け取れるとの印象を持たれ、当公益法人協会にその当否や背景についてのお問い合わせが、多くなっています。

 当公益法人協会は、新制度においても公益法人を目指そうとする多くの立派な公益法人を委縮させることとなれば、今回の民間による公益活動を国として奨励し、支援するという抜本改革の目的を逸脱するものとして大変憂慮しております。

 そこで、当公益法人協会はそのような事態について早急に是正されるよう要望書を8月21日付で公益認定等委員会に提出いたしましたのでお知らせします。

 その全文は こちら をご覧ください。