2008年1月30日


「資産運用とその管理体制に関するアンケート調査」結果報告


 弊協会におきまして、平成19年 6月 6日に発足いたしました「公益法人資産運用研究会」(座長:笹川平和財団 常務理事 松木宣充)では、公益法人新制度への移行を睨み、公益法人が組織運営する上で安定した運用収入確保と適切な運用リスク管理をより容易にし、かつ透明性や説明性により優れた資産運用管理を実施していただくための『モデル資産運用規程』及び『公益法人資産運用ガイドライン』に関する検討、公表準備を進めています。

 その一環として、平成19年11月から12月にかけて、WEBと郵送によるアンケートのご協力をお願いしました。資産規模が様々の法人様より多くのご協力をいただきまして ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

 「資産運用とその管理体制に関するアンケート調査」(WEB版)の結果の速報を公開いたしますので、以下のURLよりご覧ください。

 WEB版と同時に実施いたしました、郵送でのアンケート結果につきましては、別途を報告書にまとめ、公表する予定です。

 さらに、これらのアンケート分析をもとに、公益法人資産運用に係わる「モデル資産運用規程」「関連ガイドライン」を策定し、準備が整い次第、順次公表してまいります。

 ● ご回答の集計結果は、次のURLで公開しております。
  http://www.kohokyo.or.jp/shisan0711/investment_kekka.html