« みなし譲渡所得税非課税特例の対象拡大 | メイン | 【平成30年度 税制改正】 内閣府に要望書提出(7/28) »

2017年06月15日


内閣府・公益法人会計研究会報告書を公表


内閣府公益認定等委員会・公益法人の会計に関する研究会ではこのほど、平成28年度の報告書「平成28年度公益法人の会計に関する諸課題の検討の整理について」を取りまとめ、公表しました。

本報告書では、
1.公益目的取得財産残額の算定方法の検討
2.定期提出書類上の記載内容の明確化
3.公益法人会計基準等の一覧性の向上・整合性の確保
4.異常値の発生への対応
5.特定費用準備資金の運用の点検及び遊休財産額算定の際に控除される財産の明確化

についての検討結果がまとめられています。

なお、今回の報告書はこれまで過去2回の報告とは異なり、公益法人会計基準等を補完するものとの位置づけではないため、パブリック・コメントは実施されていません。

報告書詳細はこちらをご覧ください:
「平成28年度公益法人の会計に関する諸課題の検討の整理について」