« 平成26年度税制改正大綱が閣議決定(12/24) | メイン | 【パブリックコメント】内閣府令の一部改正について »

2013年12月25日


【情報開示システム改善】 内閣府 法人情報へのアクセス、提供機能を改善(12/24)


国・都道府県公式公益法人行政統合情報サイト「公益法人information」の法人情報へのアクセスと提供機能が改善され、12月24日から提供を開始した。

公益法人協会は、5つの政策提言の一つとして「誰でも簡単にアクセスできる行政庁による情報公開
」をかかげ、本年4月に、内閣府公益認定等委員会事務局宛て、「新公益法人及び移行一般法人の情報公開に関する要望」を提出し、簡便な手続きにより、いつでも閲覧、謄写ができるシステムに改善するよう関係各方面に要望していた。


これまで、「事業報告等の閲覧請求」を行うには、閲覧利用規約への同意手続き、個人情報の提供が必要となり、申請後中2日以降でなければ閲覧できないなど、制限的なものだった。

 今回、
  ・利用規約画面の簡素化
  ・請求者情報入力画面の必須項目を限定
  ・即日公開
  ・公開期間の延長
  ・書類一覧画面にソート機能を追加
 などの改善が図られている。

また、「公益法人等の検索」機能では、事業報告の別紙1「運営組織及び事業活動の状況の概要等について」の最新版がリンクされ、即座に閲覧できるようになった。

 機能改善の詳細は、こちら:
  https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/other/pdf/20131224_Etsuran_Kinoukaizen.pdf