« 非営利法人 税制改正要望フォーラム(7/19)のご案内  | メイン | 非営利法人 税制改正要望フォーラムを開催(7/19) »

2012年07月18日


平成25年度税制改正に関する要望書を提出しました(7/17)


 (公財)公益法人協会では、税制改正の要望を取りまとめ、7月17日、内閣府を皮切りに与野党関係各方面へ要望活動を始めました。

 平成23年度税制改正において措置されました、公益法人・認定特定非営利活動法人等への寄附金に係る税額控除制度の導入、特定寄附信託制度の導入、震災関連寄附金の指定等の措置が施行されて1年が経ちました。

 これらのすべては、関係各方面の支援の賜物であり、日々増大する民間公益活動の役割を正面から捉えた時宜を得た支援措置として大いに評価しつつも、上記の諸措置の中にも少なからず改善すべき点があり、また、既存の税制の中にも改正を要する部分が残っておることから、平成25年度税制に関するものとして下記のとおり取りまとめ、要望しております。


 Ⅰ 寄附金税制について

  1 公益法人に係る税額控除制度におけるPST要件の撤廃
  2 寄附金に係る年末調整制度の創設
  3 震災関連寄附金に係る指定寄附金の範囲の拡充
  4 個人住民税に係る寄附金控除対象法人に関する条例指定の促進

 Ⅱ 資産寄附税制について

  1 みなし譲渡所得税非課税特例措置の適用要件の見直し
  2 相続税非課税措置の適用要件の見直し
  3 特定寄附信託税制の拡充
  4 公益信託制度の抜本的な見直しの際の税制整備

 Ⅲ 寄附金を受入れた場合の消費税の扱いについて

  ○ 仕入控除税額の特例の対象となる特定収入の範囲の適正化

 Ⅳ 一般法人の法人税について

  1 一般法人へ移行した場合の累積所得金額等に対する扱いの見直し
  2 移行一般法人に対するみなし寄附金制度の導入

● 「平成25年度税制改正に関する要望について」の全文はこちらをご覧ください。
20120718H25zeiseikaiseiyobo.pdf