« 指導監督基準等の一部改正案に関する意見を募集 | メイン | 総務省「平成18年度公益法人に関する年次報告」(公益法人白書)を公表 »

2006年08月04日


「制度改革に関するアンケート」集計結果について


「公益法人制度改革に関するアンケート」
―《集計結果》―

平成18年8月4日
財団法人 公益法人協会


 公益法人制度改革関連3法が6月2日に公布されましたが、当協会では7月下旬、Webを利用した「公益法人制度改革に関するアンケート」を実施いたしました。

 今回もE-mailによりご依頼し、当協会サイトにおいてご回答いただきました。ご回答を依頼した財団法人・社団法人は 9,218団体。これに対して1,478団体のご回答(有効回答)を頂戴し、回答率16.0%でした。

 結果をみると、一般社団(財団)法人・公益社団(財団)法人のどちらへ移行を希望するか、の問いには7割を超す法人が『公益社団(財団)法人』と答え(『方針未定』2割)、18項目の公益認定基準については『クリアに全く問題なし』30.7%に対し、最も多かった答えは『一部抵触、改善努力必要』(43.8%)でした。また、移行の希望時期に関する回答については、かなり幅がみられました。

 ご協力いただいた団体の方がたには、厚く御礼申し上げます。

 ご回答の集計結果は、次の当サイトURLで公開しております。
   http://www.kohokyo.or.jp/a_moro03/seido1_kekka.html

 当協会ではご回答結果を今後、制度対策、移行サポート等に活用させていただきたいと存じております。