« 「制度改革に関するアンケート(Web)」集計結果について | メイン | 公益法人会計基準の運用指針等について (総務省、平成17年3月23日) »

2005年02月21日


連絡会、3月7日に第5回会議


 公益法人制度改革問題連絡会(事務局・公法協)は3月7日(月)、都内で第5回会議を開催いたします。
 
 詳細は以下のとおりです。


 公益法人制度改革については、昨年12月24日に閣議決定された「今後の行政改革の方針」の中で、その基本的枠組みが明らかとなりました。
すなわち、(1)準則主義により簡便に設立することができる「一般的な非営利法人制度」を創設する。(2)これら非営利法人のうち、一定の要件を満たすものは新たな判断主体が判断し、「公益性を有する非営利法人」として認定する、とした内容であり、政府は、これに基づき、今後具体的な法案化作業を行い、来年の通常国会に所要の法案を提出することとなっています。

 しかしながら、「有識者会議」での議論にも見られるように、これまでの検討過程においては、ややもすると法技術論的な観点が優先され、公益法人の実情を踏まえ、真にその発展と伸長に役立つ制度の実現に向けた姿勢としては、必ずしも十分なものがあったとは言いがたい面があります。

 そこで、現行の公益法人関係者が望んでいる制度改革とはどのようなものかを把握するため、公益法人協会はこの1月から2月にかけ、全国の公益法人および有識者を対象にアンケートを実施しました。

 今回は、その集計結果と分析の報告から、制度改革に対する公益法人側の現状を捉えるとともに、今後の政府の動向に対する提言やアクションなど、「連絡会」としてのこれからの取り組みを考える機会とすることを目的として、別紙のとおり、第5回「公益法人制度改革問題連絡会」を開催いたします。

 ご関心おありの方々もお誘い合せの上、ぜひともご参会いただきますよう、ご案内申し上げます。


― プログラム ―

■ 日 時 : 平成17年3月7日(月) 15:00 ~ 17:00

■ 場 所 : 「弘済会館」 4F 「梅」
         千代田区麹町5-1 (Tel. 03-5276-0333)

 15:00  はじめに
 15:05  アンケートの集計結果と分析報告   (財)公益法人協会 土肥 寿員
 15:30  コメントおよび討論 ~アンケートから感じること~
          コメンテーター  芸術文化助成財団協議会 片山 正夫 氏
          (財)日本YMCA同盟 本田 真也 氏
          ほか計5氏

 15:50    - 休 憩 -
 16:00 今後に向けて ~ 「連絡会」としてのこれからの取り組みについて ~
    (1) キーノート : 政府の動向と今後の課題
                    (財)公益法人協会 太田達男
    (2)質疑応答および意見交換
 17:00   - 終 了 -