« 「全国対話集会」、通算20回目の開催(685名が参加) | メイン | 「有識者会議」第16回~18回報告(全体的討議) »

2004年08月06日


制度改革問題連絡会、「意見書」 を行革事務局へ提出


 公益法人制度改革問題連絡会 (28団体で構成。事務局:公法協)は8月6日、内閣官房行政改革推進事務局あて公益法人制度改革に関する意見書を提出しました。

 すでにご案内のように、連絡会では4月末以降、全国各地で計20回の対話集会を開いてきましたが、公益法人制度改革問題に関する各地での関心は高く、そもそも何のため、誰のための改革か、公益法人を抹殺しようとしているのか、などの声が日に日に大きくなってきております。今回の意見書はこれらの声をも踏まえて取りまとめられたものです。

 意見書前文では、連絡会では4月末にも意見書を提出したが、政府の議論が今なお集約されていない状況に鑑み、再度意見を提出することとした、今後の取りまとめに反映していただきたい、としております。

 意見書の項目は次の5項目です。PDFファイルは こちら です。