« 第7回会議 議事概要及び議事録 | メイン | 「有識者会議」第14回―残余財産、内部留保等― »

2004年06月18日


「全国対話集会」、横浜で10回目の開催


 公益法人制度改革問題連絡会(27団体参加、事務局:公法協)による「全国対話集会」は、4月27日の東京での開催を皮切りにスタートしました。

 その後、5月25日京都、26日神戸、6月3日札幌、4日埼玉、10日草津(滋賀)、11日福井、12日金沢、15日大阪、18日横浜と続き、6月18日現在、合計10か所、参加人数はすでに400名近くに達しております。

 参加者の内訳は今のところ、財団・社団関係者が7割、次いでNPO関係者15パーセント、行政関係者5パーセント等となっております。

 福井、金沢では、NPO関係者の関心の高さが目立ちました。

 参加者からは、「政府には、制度の枠組みが固まる前に、もう一度意見を述べる機会を与えて欲しい」「公益法人側の声が弱い。もっと声を上げるべきでは」「いっそ市民立法を目指してはどうか」などの声が聞かれました。

 「対話集会」では、市民の力が最大限発揮できるような制度改革をめざし、公益法人、中間法人、NPO法人の方々と一緒に考えていきたいと考えています。