« 「制度改革に関する有識者会議」第9回開催 | メイン | 「中間整理」を読んで」(太田達男) »

2004年03月29日


「公益法人制度改革問題連絡会」 正式に発足


 「公益法人制度改革問題連絡会(以下、「連絡会」)」準備会が3月29日夜、東京・千代田区麹町の弘済会館で、公益法人関係者、マスコミ関係者らオブザーバーを含め約40名が出席して開催されました。

 まず、(財)公益法人協会(公法協)・太田達男理事長が挨拶、今後全国各地で開催を予定している対話集会の推進母体を立ち上げる必要性についての趣旨説明を行い、次いで事務局から公益法人制度改革に関するこの「全国対話集会」の概要、「連絡会」の役割等について説明を行いました。

 その後、意見交換を行った後、「連絡会」参加団体の確認を行い、25団体の賛同を得て、「連絡会」立ち上げが承認され、正式に発足が決まりました。また、この「連絡会」は必要に応じて、公益法人制度改革に関する共同提言を行うことも承認されました。

 引き続き、「連絡会」の世話団体の選出に移り、(財)さわやか福祉財団、(財)助成財団センター、シーズ=市民活動を支える制度をつくる会、 (社)日本芸能実演家団体協議会、(財)日本YMCA同盟、公法協の6団体が決まり、公法協は事務局の機能を担うことになりました。世話団体には、「全国対話集会」の企画・開催告知・運営の面でご協力いただくとともに、当該地域でのネットワーク形成の面でも核になっていただくことなどが確認されました。

 「連絡会」参加団体は次のとおりです(五十音順。3月30日現在)。

・アジア・コミュティ・トラスト(ACT)
・NPO支援財団研究会
・関西財団の集い
・(社)企業メセナ協議会
・芸術文化助成財団協議会
・高齢社会NGO連携協議会
・(特活)国際協力NGOセンター
・(財)さわやか福祉財団
・社会福祉支援団体懇話会
・(財)助成財団センター
・私立美術館会議
・シーズ=市民活動を支える制度をつくる会
・生命科学助成財団連絡協議会
・(社)日本オーケストラ連盟
・(社)日本芸能実演家団体協議会(芸団協)
・(財)日本国際交流センター
・(社)日本青年会議所
・(社)日本ナショナル・トラスト協会
・(社)日本フィランソロピー協会
・(社)日本ペンクラブ
・(特活)日本NPOセンター
・(財)日本YMCA同盟
・(財)日本YMCA
・(財)ボーイスカウト日本連盟
・(財)公益法人協会

 なお、(社)ガールスカウト日本連盟、(社)日本新聞協会は、準備会には出席されましたが、機関として連絡会に参加するかどうかは現在のところ検討中、とのことです。