« 「制度改革に関するアンケート」報告書まとまる | メイン | 「制度改革に関する有識者会議」第5回開催 »

2004年02月18日


第2回会議 議事概要及び議事録


 (財)さわやか福祉財団と弊協会による公益法人制度改革に関する「民間法制・税制調査会(民間法・税調)」第2回会議が2月18日夜、東京・神保町の学士会館で開催され、公益法人関係者や政府、マスコミ関係者らオブザーバーを含め約40名が出席しました。

 今回の議題は「公益性の判断基準」「公益性の判断機関」。

 まず「公益性の判断基準」については、(1)「公益」の定義・公益法人の目的 (2)公益性の判断に事業内容の特定が必要か、などが論点となり活発な意見交換が行われました。その中で「不特定多数」の要件をめぐって、「難病のA子ちゃんを救うということでも十分公益性があるから、必ずしも『不特定多数』でなくてもよいのではないか」「いやその事例では、将来その難病が広がる可能性があるなら、現在A子ちゃんだけでも不特定多数の範疇に入るのではないか」などの議論がありました。

 また、「公益性の判断基準は、裁判になったときを視野に入れた判断基準である必要がある」「今必要なのは、『公益』そのものの定義ではなく、『公益性のある非営利組織』の定義ではないか。それには法人の目的要件、事業要件、組織要件の3つで判断すべき」などの意見が出されました。

 続いて、「公益性の判断機関」については、判断主体に求められる機能、判断主体のイメージについて意見交換が行われました。

 「準則主義で完全に公益性のある非営利法人を設立できるのであれば判断機関は必要でないが、政府「基本方針」で判断機関に触れている以上、考えておかざるを得ない」「判断・事後チェック・支援の機能をもった民間の意思をよく反映できるような第三者機関が最もよいのではないか」「国家行政組織法第3条による第三者委員会が望ましい」などの意見が出されました。


・第2回会議 議事概要
・第2回会議 議事録

・資料はこちら

番 号 資 料 名 形 式
資料 1   新たな非営利法人制度における公益性 PDF
資料 2   座長による議論の整理 PDF
資料 3   法令上の「公益」概念比較 (「公益概念」研究資料) PDF
資料 4   公益概念の構成要素 (「公益概念」研究資料) PDF
資料 5   「公益」の定義について (「公益概念」研究資料) リンク*
資料 6   「有識者会議」第4回資料(星野委員) PDF
資料 7  参考資料「英米における公益の定義」 PDF
資料 8  (雨宮委員提供資料)
1 ARTICLES OF INCORPORATION
 ・Public Benefit Corporation
 ・Mutual Benefit Corporation
 ・Religious Corporation
2 「新しい非営利法人制度研究会」検討報告書(平成15年8月)
   ※委員資料《省略》
PDF
資料 9  (当日追加資料) 
  「独立した判断主体」に関する考え方(公益法人協会)
PDF

 * … 【2003.07.14】「非営利法人制度改革」-私たちの提言①「公益の定義」をご参照ください。