静岡県初の市民コミュニティ財団「ふじのくに未来財団」が生まれて1年あまり。ふじのくに静岡を愛する174個人・団体の発起人寄付3,289,355円により、昨年9月に産声を上げ、ようやくよちよち歩きをはじめたこの2015年12月、全国の皆様とともに「寄付月間」を迎えられることをとてもうれしく、心待ちにしています。クリスマス同様に、みんなが一年を振り返り未来を思う、心温まる新しい習慣となりますように…!

 

「思いを寄付に込めて、この街を変えていこう」

 

当財団は、静岡県ふじのくにNPO活動基金の思いを受け継ぎ、待ったなしの地域課題解決に汗をかくNPOと、そうした活動を応援したいと思う人の心を「寄付」によってつなげ、このふじのくにを変えていこうと歩み始めたばかりです。

寄付をすること、そして寄付をいただくことには何か、目に見えないハードルがあるのではないでしょうか。でも、そこを超えて「寄付をする」と、寄付した方の中で何かが変わる…そんな不思議な空気の流れをいつも感じています。

「がんばってね」「自分にも何かできたら」。そんな言葉とともにお預かりするお金はじんわり温かく、この志金を最大限生かして地域還元してくれる助成先に託せるよう、目をこらし、耳をすまして地域を見つめています。現在、初の冠基金となった静清信用金庫様による「せいしん地域応援基金」の第1回事業募集中で、来春には、静岡トヨタハイブリッド基金等も予定しています。

ふじ③

(初の冠寄付「せいしん地域応援基金」の寄付贈呈式)

 

寄付はお金だけではありません、クリック一つで、古本で、自販機で、そして寄付付き商品、そして社会貢献への参加そのもの…。寄付者のみなさまならではのあの温かい笑顔を、もっと多くの方に広げられるよう、民のしなやかさを生かして間口を広げ、寄付を楽しむ文化を作っていきたいと願っています。

ふじ②

(寄付付き商品について紹介いただいた地元経済誌記事)

 

ふじ④

(古本寄付「ぼぼん」に協力くださる社会福祉法人職員の皆様)

 

寄付はまるで、「欲しい未来」を目指してココロをつないでいく駅伝のタスキのよう。だれもが、どんなかたちでも参加できる未来づくりの駅伝を、ふじのくに全域に広げていけますよう、みなさまのご支援とアイディアを、心よりお待ちしています。

ふじ⑤i

(NPO啓発イベントでのかわいい応援)

 

 

ふじ①

ふじのくに未来財団 http://www.fff.gr.jp/