民際センターは、1987年から「ダルニー奨学金」という経済的に恵まれない子どもたちへの奨学金提供をしております。「ダルニー」はタイの東北地方で出会ったひとりの女の子の名前です。経済的貧困の為、基礎教育を修了できずにいた彼女に奨学金を提供したことからこの運動は始まりました。結果、彼女は学校を辞めずに通い続けることができました。今では弊団体のタイ事務局で働いています。

 

民際センターの行う「ダルニー奨学金」の主な特徴は、

 

1.支援者と受給者が1対1につながる顔の見える支援

ダルニー奨学金は、自分が支援する子どもの成長が実感できる里親型の寄付制度です。支援者の方には受給者である子どもの写真、プロフィール等が記載された奨学金証書が届きます。つまり、支援者がどの子どもを支援しているかがはっきりわかる、里親型の奨学金制度なのです。支援される子どもも、誰が支援してくれているかがわかる1対1の顔の見える支援です。

 

2.分かりやすい支援システム

ダルニー奨学金は14,400円(1ヶ月あたり1,200円)で1人の子どもが1年間学校に通うことを支援する制度だという点です。奨学生は、学校の成績ではなく「(経済的な)貧しさ」を基準に、県教育委員会や教師らが選考委員となって選考されます。

現金を支給するタイでは、奨学金が生活費などに使われないように生徒名義の銀行口座から教師との連署でのみお金が引き出せるシステムが確立されており、ラオス、カンボジア、ミャンマーでは制服や教材・カバン・靴などの学用品を現物支給しています。ベトナムでは現金が学校に提供されます。そして学用品を購入し奨学生に支給します。

 

3.延べ40万人以上の子どもに奨学金を提供

1987年より開始したダルニー奨学金は、毎年約1,5万人、今日までにラオス・カンボジア・タイ・ミャンマー・ベトナムの延べ40万人以上の子どもに奨学金を提供してきました。

 

 

弊団体の支援地域であるメコン地域諸国は昨今、目覚ましい経済発展を遂げています。しかし、その一方で貧富の差が拡大し、発展から取り残されている人たちも多く存在します。

 

貧困のしわよせは子どもに向かいます。

例えば、カンボジアでは約半数の子どもが児童労働を強いられており、首都プノンペンでは、ストリートチルドレンと呼ばれる路上生活をする子どもたちの99%は地方出身と言われています。彼らの多くはゴミの山で換金可能なモノを集めて生活をしています。

 

子どもは成長と共に一家の労働力として生活をしなくてはならず、学校を辞めざるを得なくなります。また、彼らは教育を受けていないことから、劣悪な環境での労働しか得ることができず、結果、収入が少なく、経済的に恵まれない、といった負の連鎖が続いていくのです。

 

その貧困の連鎖を断ち切るためには、「教育」が一番重要だと民際センターは考えています。

 

 

 

〒162-0801  東京都新宿区山吹町337 江戸川橋東誠ビル5F

TEL:03-6457-5782 FAX:03-6457-5783 E-MAIL:info@minsai.org

URL:http://www.minsai.org

民際①

(ダルニーちゃん)

民際②

(民際センター理事長秋尾とダルニーちゃん 奨学金授与)

民際③

(現在のダルニーさん)

民際④

(支援者に送られる奨学金証書(報告書))