2014年度、日本YWCAは1070名の方々からご寄付をいただきました。中には、何度もご寄付いただいた方もいらっしゃいます。総計28,823,076円になりました。活動に関わっていただいたボランティアは1660名です。併せて感謝申し上げます。

 

日本YWCAの代表理事と会長から、ご支援いただいた方への感謝の言葉

代表理事 石井摩耶子からの感謝の言葉

2014年度も多くの皆さまからのご支援に支えられて、日本YWCAの活動を進めることができました。ご支援に心から感謝申し上げます。

価値観が多様化する今、心静かに考える時を持つと、時代の変化の中で変わるべきものと、変わってはならないものがあるということに気づかされます。日本YWCAが40年以上続けている「ひろしまを考える旅」は、8月に広島の被爆地に立ち、被爆者の証言を聴き、被爆地を巡って、自分たちで感じ考える旅です。また4年目の東日本大震災被災者支援事業は、放射能被害が深刻化する福島で、悩みを相談しづらい、弱い立場の女性や子どもたちの支えになりたいと、活動しています。

私たちは想像力を総動員して、その時々の中で苦境にある人々の「隣人になる」ことを考え、ともに歩み行動し続ける一人ひとりでありたいと願っています。これらすべての活動が、多くのボランティアの方々のご協力と、ご寄付に支えられていることに、感謝申し上げます。

ひろしまを考える旅参加者

(ひろしまを考える旅参加者)

 

会長(理事) 俣野尚子からの感謝の言葉

日本YWCAは、3.11に生まれた子どもたちが20歳になるまで、被災した女性と子どもたちとともにあろうと決め、福島県を中心に支援を続けてきました。誰もが安心して暮らせる社会をつくること、寄り添いあって生きること、これが日本YWCAの希求する「平和」です。被災者支援事業は、この平和への希望を具体化したものなのです。

2014年も、多くの皆さまが、ご寄付、ボランティア、そしてお知恵やご意見をもって被災者支援事業を支えてくださいました。心より感謝いたします。

2014年の大きな成果として、44年ぶりに開催された中高YWCA全国カンファレンスを挙げなければなりません。未来の平和の創り手となる120名もの中高生が、全国から東京に集ったこの事業も、皆さまの大きなご支援なくしては、到底実現できませんでした。お支えいただき、心より感謝いたします

今後も、変わらぬご支援をお願い申し上げます。

日本YWCAの東日本大震災被災者支援事業~保養プログラム

(日本YWCAの東日本大震災被災者支援事業~保養プログラム)

 

ご寄付に支えられている事業の紹介―東日本大震災被災者支援事業

日本YWCAの東日本大震災被災者支援事業は、中長期支援として、被災地の人々、特に女性と子どもたちを対象に実施しています。①子どもたちがリフレッシュするための保養プログラム、②家族で利用できるセカンドハウスプログラム、③福島の女性と子どもたちが集える場「カーロふくしま」運営、これら3つの事業を柱に、震災、特に原発事故によって被災された女性と子どもたちの心と身体をまもり、課題解決のチカラとなるよう取り組んでいます。これらの活動はすべて、皆さまからのご寄付と海外からの助成金で実施しました。

保養プログラム参加者の言葉

(2014年度は、全国で行われた11回の保養プログラムに、おとな84名子ども130名が参加)

「ホームステイ先では、まるで我が家のように心温まるおもてなしをいただいた。」

「子どものために来たけれど、私自身もこの環境と温かいおもてなしに癒された。」

「マスクを外し、元気いっぱい走り、笑う子どもたちの顔を見て、機会を与えてくださった方々に心から感謝。」

「大学生も子どもたちとよく遊んでくれた。自分たちのために日々を費やしてくれたことに驚きを感じた。」

「普通の生活を思い出させていただいたことに感謝。私たちにとっては”普通の生活”こそが”非日常”なのです。」

セカンドハウスの利用者の言葉

(2014年度は36家族127名が利用)

「交通費が問題でした。とてもありがたい支援だと思いました。」

「引越しを考えないわけではありません。でも現実的にお金・仕事・学校・家族・家・お墓のことがあり、決断できずにいます。だからこれがぎりぎりの選択なのだと、分かってください。」

「大家さんに大変お世話になりました!ありがとうございます。」

「カーロふくしま」利用者の声

(2014年度は62の講座が開催され、のべ966名が利用)

「ここでの出会いが励み。震災後、自分の考えがなかなか言えない社会の中で、ここは特別解放される。」

「ここで講座を受けたあと、『自分も人のために何かしたい』と思った。そしてセラピストの資格を取った」

 

YWCAは、キリスト教を基盤に、世界中の女性が言語や文化の壁を越えて力を合わせ、女性の社会参画を進め、人権や健康や環境が守られる平和な世界を実現する国際NGOです。

1855年英国で始まり、今では日本を含む120あまりの国で、約2,500万人の女性たちが活動しています。日本では、24の地域YWCAと36の中学・高等学校YWCAが活動しています。

公益財団法人日本YWCAは、女性と子どもたちの安心と安全のために、世界のYWCAのネットワークを生かして、地球的規模で且つ女性の視点で、平和・非暴力・ジェンダー・貧困、さまざまな問題に包括的に取り組んでいます。

http://www.ywca.or.jp/home.html

 

YWCAのサポーターになってください!

https://kessai.canpan.info/org/ywcaofjapan/sustain/101039/

世界のYWCAの仲間たち

(世界のYWCAの仲間たち)