損害補償金と保険料の値上がりについて

損害補償金と保険料の値上がりについて

投稿記事by bikazaidan » 2020年3月04日(水) 11:12

経理上の質問があってご連絡させていただきました。よろしくお願い申し上げます。

今年度、委託業者が運転する車両の水没事故があり、

全損ではなく修理で済んだのですが、当財団の保険を使ったため、翌年度・翌々年度の保険料の値上がりが見込まれます。

委託業者との契約により、損害補償金として、保険料の値上がり見積額を委託業者に請求し、昨日振り込まれたのですが、

こちらは今年度の経常外収益の雑収入として計上しようと思っております。他に適当な勘定科目名があれば教えてください。

また、保険料の値上がり分は、翌年度・翌々年度の経常外費用の保険料として計上するべきでしょうか?経常費用でよろしいでしょうか?

以上2点のご回答をよろしくお願い申し上げます。
bikazaidan
 

Re: 損害補償金と保険料の値上がりについて

投稿記事by 相談員 鈴木修 » 2020年3月23日(月) 15:30

 今回受け取る損害補償金につきまして、経理規程等で設けられている勘定科目にないのかもしれませんが、「損害補償金」という科目でもよいと考えます。
 なお、経常外収益の性質を有しており、また、独立の科目とするほど金額的に重要でないとしますと、「雑収入」として処理するという整理でもよいと考えます。
 (支払)保険料については、今回の事故の影響で支払額が増加するとしても、その増加分をあえて経常外費用として区分する必要はないと考えます。
相談員 鈴木修
 


Return to C23. その他