代表理事の重任登記について

代表理事の重任登記について

投稿記事by 登記申請担当 » 2019年4月18日(木) 20:33

お世話になります
代表理事が1名の公益財団法人です

今回の評議員会で理事監事の任期が終了します

従来は評議員会日付の「決議の省略」で代表理事等の互選を行っており問題はなかったのですが
今回は副理事長予定者が新任なので実際に理事会を開催するのですが
その方の就任承諾書の日付が評議員会の日より後になる予定です(選出母体の都合で)

(スケジュール見込)
定時評議員会 :6月下旬 (理事・監事が任期満了・代表理事は重任・副理事長は新任予定)
就任承諾書   :副理事長は7月1日付・その他の理事監事は評議員会の日付
理事会による互選 :7月上旬予定

このような場合に以下の点について教えて質問させてください

①理事の登記について
  従来の理事・監事は評議員会の日付での「重任」で問題ないと思うので
  代表理事も「理事としては評議員会の日で重任」するという考え方でよいでしょうか?

②代表理事の登記について
  任期が終わった後も次の代表理事が選任されるまで(7月上旬)は代表理事だと思うのですが
  その後再度理事長に選ばれた場合は「重任」なのでしょうか?それとも「新任」なのでしょうか? 

③任期満了から就任までの日が空いて「新任」となる場合
  登記の添付書類として住民票が改めて必要になるのでしょうか?
  ②が重任の場合は問題にならないですが、今後の為にも教えてください

よろしくお願いします
登記申請担当
 

Re: 代表理事の重任登記について

投稿記事by 相談室関係者 » 2019年4月19日(金) 17:19

登記申請担当 様

Q① 理事の登記について
代表理事(理事長)の方は理事に再任されるとのことですので、登記上はお考えのとおり理事「重任」となります。

Q② 代表理事の登記について
代表理事の方の理事としての任期が一旦満了する6月下旬の定時評議員会終結の時から、代表理事として再任される7月上旬の臨時理事会までの期間は任期にタイムラグが生じますので、登記上は「重任」ではなく一旦「退任」→「就任」となります。

Q③ 任期満了から就任までの日が空いて「新任」となる場合
まず、代表理事の方は理事重任ですので、理事就任承諾書に本人確認証明書類(住民票、運転免許証の写しなど)の添付は不要です。
次に、代表理事としては重任ではなく登記上は一旦「退任」し、何日か空白期間をおいて再任される→「就任」となるので、代表理事の就任承諾書に実印の押印と印鑑証明書の添付が必要かどうか、ということになりますが……こうした場合、(間に他の方を置かず)同一人物が代表理事に再任することになりますので、実印と印鑑証明書を改めて要求されることはないと聞いています。念のため、所轄の法務局(登記所)へお訊ねください。

<その他>
蛇足ですが、定時評議員会で新たに理事に選任される(副理事長候補の)方の理事就任日は就任承諾書の日付(7/1)、また、副理事長就任日は臨時理事会で互選により選定された日、となります。

以上
相談室関係者
 

Re: 代表理事の重任登記について

投稿記事by 登記申請担当 » 2019年4月25日(木) 19:04

相談室関係者 様

法務局に確認したところ
「本来であれば必要だが、同じ申請書で退任と就任を登記する場合は省略されていても受理している」
とのことでした

また
代表理事の退任登記:定時評議員会の日
互選後の代表理事新任登記:互選された理事会(またはそれより後の就任承諾書日付)

「登記簿上は代表理事が不在の期間がありえる」とのことででした

ありがとうございます
登記申請担当
 

Re: 代表理事の重任登記について

投稿記事by 登記申請担当 » 2019年4月25日(木) 19:06

追記

印鑑届も
「内部的に処理するので届出は不要」とのことでした
登記申請担当
 


Return to C04. 理事・代表理事・執行理事