交通費、日当は課税対象ですか?

交通費、日当は課税対象ですか?

投稿記事by 楠瀬 正哲 » 2018年6月20日(水) 11:59

いつも参考にさせていただいています。
現在行っている公益事業の中に、収益事業があります。それは、依頼先より事業代行費として2万円を受け取り、この中から実施に参加した会員2名に各6千円を交通費、日当として支給しています。この支給している金額に税金がかかるのか、お伺いします。
また、理事会等、役員会を開催した場合、交通費名目で参加者に各500円を支給しています。これについても課税されるのかお伺いします。なお、現在はどちらの場合も税金を納めていません。
なお、講演を外部講師に依頼した場合、講師謝礼規程に則り最大3万円を限度として支給しています。これに関しては源泉徴収して納税しています。
楠瀬 正哲
 

Re: 交通費、日当は課税対象ですか?

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2018年6月26日(火) 14:59

楠瀬 正哲 様

メールありがとうございます。税務の個別相談になりますので、申し訳ないのですが税理士業に抵触しますので対応できません。
事業の内容・状況が分かりませんので、税理士・所轄税務署には、次の気になる点を明らかにして相談されてはどうでしょうか。
・収益事業として事業代行を請け負い、会員(専門家なのか)を派遣しているのか、会員に取り次いでいるのか、事業の遂行の内容・方法が分かりません。
・会員へは何を託しているのか、給与ではないといえるのか、所得税法204条等が規定する源泉徴収の対象の行為かが分かりません。
 報酬を支払わず実費だけを支払う規程にしているのか、また交通費・日当の内訳、6千円の算定根拠が分かりません。
 交通費は実費でなければ報酬の一部のように扱われると考えられます。日当も妥当な食事代等なのかも不明です。
・役員等への支給が交通費名目でも、実費を超えていないのか(たとえ500円でも超える場合があります)気になります。
 また、報酬規程での定め(報酬無報酬、費用実費支払う旨か)も気になります。

メールの内容ではわかりませんので、具体的に書類等を示して、税法・通達の定めだけでなく実務の対応を専門家にご確認されることをお勧めします。
                                                                       以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 

Re: 交通費、日当は課税対象ですか?

投稿記事by 楠瀬 正哲 » 2018年6月27日(水) 09:30

ご回答ありがとうございました。
内容詳細がなく、失礼しました。
ご指摘の件を踏まえて専門家に相談いたします。
楠瀬 正哲
 


Return to C17. 会計