役報の規定変更に係る別表F(1)他の記載などについて

役報の規定変更に係る別表F(1)他の記載などについて

投稿記事by 黒電話 » 2018年4月20日(金) 14:30

当財団では、当初は役員は全て無報酬の規定となっており、役員兼使用人(1名のみ)に対しては使用人としての手当のみ支給しておりましたが、昨年度の6月に規定を変更し、全額役員報酬として支払うことになりました。受給者、支払金額の変更はありませんが、規定が6/1より施行となっておりますので、この場合、下記のいずれの方法で報告すれば良いのかご教示くださいますようよろしくお願いいたします。

「別表F(1)」の記載は、
①使用人を兼務する理事の給料手当蘭に4月~5月分を記載し、役員等の報酬欄に6月~3月分を記載する。
②年度支給分全額、役員等の報酬欄に全額記載する。

「理事、監事及び評議員に対する報酬等の支給の基準を記載した書類」は
①4/1~5/31迄施行分と6/1~3/31現在施行分の両方を添付する。
②3/31現在の最新分のみ添付する。
黒電話
 

Re: 役報の規定変更に係る別表F(1)他の記載などについて

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2018年5月08日(火) 11:17

役報の規定変更に係る別表F(1)他の記載などについて様

メールありがとうございます。遅くなりすみません。手引きに記載のない事例ですね。
F(1)の記載の仕方ですので、特に制約はないと考えます。1つ目の役員報酬欄と2つ目の兼務使用人欄の2行を使って記載しても違和感はないし、正確に記載することになると考えますので、①がよいと思います。氏名欄に例えば、「○○氏4月5月分」、「○○氏6月~翌3月分」などと補記してはどうでしょうか。
 また、別途変更された報酬規程(附則に適用日が記載されているでしょう)を変更前と変更後の2つを添付(貴方様の①案)してもよいと思いますが、小職なら新規程と同新旧表を添付します。②案の最新分だけではわかりにくいと思います。事前に貴法人の担当官に相談されるのも選択肢です。
                                                                                         以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 

Re: 役報の規定変更に係る別表F(1)他の記載などについて

投稿記事by 黒電話 » 2018年6月27日(水) 15:15

星田様
ご回答有難うございました。
認定委員会より本件につきまして審査をうけましたところ、「添付書類は”最新版の規程のみ”の添付でよい」との事でした。
また、当法人では、決算日(3/31)以降(6/1)に規程の変更をいたしましたが、この場合は、年度末以降の変更であっても、「事業報告提出日時点での”最新版の規程のみ”を添付する」との事でした。
Q&Aご覧になる方々のご参考になれば幸いです。
黒電話
 


Return to C10. 定期提出書類



cron