5号財産・6号財産に係る情報公開について

5号財産・6号財産に係る情報公開について

投稿記事by 公益法人初心者 » 2016年6月13日(月) 13:29

いつもお世話になっております。

この度、5号財産・6号財産に係る情報公開に関し、疑義が生じ、ご意見をいただきたく投稿いたします。

  公益社団法人及び公益財団法人の認定等に関する法律施行規則第22条第3項第5号の規定に
  「寄付その他これに類する行為によって受け入れた財産であって、当該財産を交付した者の定めた
  使途に従って使用し、若しくは保有しているもの」とあり、同法第22条第5項各号において、「備置き
  及び閲覧等の措置を講じられているものでなければならない」とされております。

  現在、当法人では、当法人がその使途を定めて広く募集をしている寄付がございます。

  「当該財産を交付した者の定めた使途」とは、交付した者(寄付者)が自らで使途を定めた場合のみを
  指すのか、又は、当法人が現在実施しているような、法人側が使途を定め、その使途に賛同し寄付者が
  寄付した場合においても「交付した者の定めた使途」にあたるのでしょうか。

  同法施行規則第22条第5項第1号ホにおいて「募集に係る財産の使途として定めた内容」と規定され、
  法人側で使途を定めた場合においても情報公開の対象となるように読み取れましたので、確認させて
  いただきました次第です。

ご回答を宜しくお願いいたします。
公益法人初心者
 

Re: 5号財産・6号財産に係る情報公開について

投稿記事by 太田達男 » 2016年6月17日(金) 08:16

公益法人初心者さん、
結論的には、寄附者が指定した時も、寄附募集法人が使途を指定し広く募集した場合も5号財産若しくは6号財産に該当し、情報公開の対象になります。
すなわち、則22第3項第5号について、「当該財産を交付した者の定めた使途に従って~」と規定されていますが、同条第5項はその5号財産について1号で、「広く一般に募集されたものである場合~」、第2号で「前号以外の場合~」と二つのケースに区分わけしています。その2区分によっていずれも所定の事項を事務所備え置き閲覧等の措置が講じられているものでなかればならないとされています。また、6号財産についても同様とする規定されています。
これらのことから、貴法人が使途を定めて広く募集する寄付金についても、公開の対象となります。
太田達男
 

Re: 5号財産・6号財産に係る情報公開について

投稿記事by 公益法人初心者 » 2016年6月17日(金) 11:50

公益財団法人公益法人協会 太田達男 様

お世話になっております。

明確なご回答ありがとう御座いました。

今後ともよろしくお願いいたします。
公益法人初心者
 


Return to C22. 情報開示(公告,備え置き等)