「公告」方法変更に必要な手続き

「公告」方法変更に必要な手続き

投稿記事by こうえき55 » 2014年8月02日(土) 16:21

公益財団法人です。
当会の公告の方法は、定款で「本会の公告は、官報に掲載する方法によるものとする。」と定めておりますが、これを電子公告に変更したい意向を持っております。
今後、どのような順序で、どのような手続きを進める必要があるのか、対行政庁への動きも含め、実務者レベルの細かなご教示(一般論)をお願いいたします。
こうえき55
 

Re: 「公告」方法変更に必要な手続き

投稿記事by 公益法人協会 岡部 亮 » 2014年8月04日(月) 11:26

こうえき55   様

まず①評議員会の特別決議にて定款の変更をすることとなります。公告方法を電子公告とすると定めるとともに、第2項として事故その他やむをえない事情があるときは官報にて公告する等を定めるのが通常です。当協会の「公益法人定款・諸規程例」や内閣府のモデル定款をご参照ください。
②変更が決議されたときは2週間以内に変更の登記をすることが必要になります(法人法303)。登記事項は法人法302の十四号、十五号です。登記実務の詳細は司法書士の先生か所轄の登記所に確認いただけるでしょうか。
最後に③行政庁に定款変更の届出を遅滞なくする必要があります(認定法13)。届出書に登記事項証明書や変更後の定款、それに確認書を添付することとなります。内閣府の「変更認定申請・変更届出の手引き」をご参照ください。
公益法人協会 岡部 亮
 

Re: 「公告」方法変更に必要な手続き

投稿記事by こうえき55 » 2014年8月04日(月) 17:55

岡部先生

詳しくご教示くださり、ありがとうございました。
こうえき55
 


Return to C22. 情報開示(公告,備え置き等)



cron