事業休止に伴う定款変更の要否

事業休止に伴う定款変更の要否

投稿記事by 総務担当者A » 2016年3月21日(月) 14:02

お世話になります。
さて、当公益財団では、現在ある事業を行っているのですが、しばらくは、この事業を休止し、また必要があれば、状況をみて、この事業を復活させることも考えていますので、定款には、この事業を削除せずに残しておこうかと思っています。この事業を休止する場合、内閣府から事業の変更認定を受ける必要があると思うのですが、この場合、定款に規定している、この事業も削除し定款変更する必要があるのでしょうか。
通常、会社であれば、定款で規定していても、実際には行っていない事業もあると思うのですが、公益法人の場合は、どうでしょうか。

初歩的な質問で恐縮ですが、ご教示 よろしくお願いします。
総務担当者A
 

Re: 事業休止に伴う定款変更の要否

投稿記事by 太田達男 » 2016年3月27日(日) 14:31

総務担当者Aさん、
当該事業Aが、公益認定を受けた事業の中の一つなのか、あるいは大きなくくりの中の事例的なものとして認定申請時に記載されたものかによっても異なると思いますし、また、休止期間が長期間にわたるものか、ここ数年で、近い将来復活の可能性が高いなどによっても手続きは異なるとおもいます。このような詳細がわからないと断定的なお答えが大変しにくいのですが。
仮にA事業の廃止申請をされる場合の定款規程の変更ですが、行政庁はおそらく定款変更をせよといってくると思います。その場合、近い将来復活の可能性が高い場合には事情を説明し、定款は変更しないことで、交渉されたらいかがでしょうか。
太田達男
 

Re: 事業休止に伴う定款変更の要否

投稿記事by 総務担当者A » 2016年3月28日(月) 10:44

太田様

ご回答 ありがとうございました。参考になり、大変助かります。もう少し検討してみて必要があれば、行政庁にも相談してみたいと思います。
どうも、ありがとうございました。

総務担当者A
総務担当者A
 


Return to C13. 事業の変更