ページ 11

控除対象財産の範囲について

投稿記事Posted: 2020年5月26日(火) 22:52
by 公益ビギナー
長期前払費用は控除対象財産に含めることはできるのでしょうか?
また、長期未収金は流動資産に直接対応する負債の額として計上することはできるのでしょうか?

Re: 控除対象財産の範囲について

投稿記事Posted: 2020年5月29日(金) 10:46
by 相談員・鈴木 修
 ご照会の件につきまして、「控除対象財産」は認定法施行規則22条3項各号に掲げるいずれかの財産とされており、長期前払費用は同項各号のいずれの財産にも該当しないと解されますので、含めることはできないと考えます。これらの具体的な解釈については、公益法人informationに収録されていますFAQⅤ―4-②をご参照いただけますでしょうか。
 ご照会の後段についてですが、流動負債に直接対応する負債に該当するか否かのご照会ですので、「長期未収金」とあるのは「長期未払金」として回答させていただきますが、認定法施行規則22条2項、7項及び8項に規定する「財産に対応する負債」とは、内閣府『定期提出書類の手引き~公益法人編~』41の頁の別表C(1)の記載の説明によれば、「資産の各科目との対応関係が明らかな負債」といった説明がなされておりますので、ご照会の長期未払金を流動資産に直接対応する負債とすることはできないと解されます。