ページ 11

監査報告書に署名する監事について

投稿記事Posted: 2014年2月12日(水) 15:06
by TAKO2
本コーナーにはいつもお世話になっております。
当方は事業年度が1月から12月までの公益財団法人であり、現在決算理事会に向けた準備中です。
監査報告書についてご質問いたします。
当財団は監事は2名(定款上は3名以内)ですが、そのうちの一人が現在、監査報告書に署名できない状況にあります(理由は病気と思われます)。
仮にその状況が解消されない場合、もう一人の監事の署名による監査報告書で決算、行政庁への報告を行っても問題ないでしょうか。

Re: 監査報告書に署名する監事について

投稿記事Posted: 2014年2月13日(木) 17:09
by 公益法人協会 岡部 亮
TAKO2   様

署名できない理由が病気等のやむをえない事情のときは、残り1名の監事の署名による監査報告書で決算、行政庁への報告を行っても問題ありません。法人法では監事1名以上を置かなければなりませんので、1名の署名は必須ですが、定款で定めた2名の署名要件がやむをえない理由で満たせなくても違法とまではいえないでしょう。
行政庁への報告のときはその理由を別紙にでも記載して説明しておくことが望ましいかと思います。