理事の辞任(定数不足)

理事の辞任(定数不足)

投稿記事by たくぽん » 2017年3月31日(金) 16:09

公益社団法人で、協会の構成員の社員から選任した理事が、理事の辞任と共に社員を任意退会することなり、定款に定める理事定数に足りなくなるときは、社員を退会した後も、新たに選任された者が就任するまで、なお理事としての権利義務を有するものと解してよいのでしょうか。また、法的拘束力があるのでしょうか。
たくぽん
 

Re: 理事の辞任(定数不足)

投稿記事by 太田達男 » 2017年4月14日(金) 16:24

たくぽん さん、
定款で定めた理事の員数が欠けた場合その辞任した理事は新たに選任された理事が就任するまでなお、理事としての権利義務を有することとされています(一般法人法75条1項)。
したがって法的拘束力があるとお考えください。
太田達男
 

Re: 理事の辞任(定数不足)

投稿記事by 少せっかい » 2017年4月15日(土) 14:43

太田様、「たくぽん」様、
念のため確認です。
「理事の辞任と共に社員を任意退会する」ということの理解ですが、定款で社員を基礎資格とする理事として選任されていて社員でなくなってもなお理事の権利義務を有するということですか?
たくぽんさんには定款の規定をご提示ください。それによって回答が変わるかもしれません。
少せっかい
 


Return to C04. 理事・代表理事・執行理事