理事の選任方法について

理事の選任方法について

投稿記事by 悩める大羊 » 2017年3月07日(火) 11:08

公益社団法人です。任期満了に伴う理事の選任を定時総会において提案する予定です。当団体は、代表理事が複数おります。この内の1名を今回新たに再任する理事としたいこととしております。新たに選任しようとする理事予定者は、前職の関係で、総会日の2週間後からの着任したいとのことです。従いまして、選任提案議案にその旨の付帯決議をしてて提案したいと考えておりますが、これは可能でしょうか?当然、理事の登記は、就任承諾の日となると思いますが、内閣府への役員変更の手続きに関しましては、就任の日が変更日となりますので、総会開催日とは違ってきますが、この辺は特に気にする必要はないでしょうか、総会当日の日に臨時理事会を開催し、代表理事等を決定することとなりますが、当然、就任日以前の理事会となりますので、当該理事会の構成メンバーには当たらないので、この場合の理事会は、当該役員の着任後に開催するのがベターなのでしょうか?疑問ばかりで、とりとめが無く申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
悩める大羊
 

Re: 理事の選任方法について

投稿記事by 公益法人協会 上曽山 清 » 2017年3月09日(木) 15:11

悩める大羊様

先ず、代表理事が複数名いるので、当面は1名欠でも差し障りはないと理解します。
①選任提案議案にその旨の付帯決議云々について。付帯決議という「決議」は必要なく、就任承諾が2週間程度遅れる事情がある趣旨を説明すれば十分かと思います。
②総会開催日と違ってきますが・・・について。実務上、選任日と就任(承諾)日を揃えるのが一般的でしょうが、何らかの事情で就任承諾が遅れることはままあり、問題ありません。社員総会で選任された理事と法人との間の「委任の関係」は就任承諾をもって始まることから見ても、選任日と就任承諾日の間にタイムラグが想定されていると考えます。
③当該役員の選任・就任承諾後に開催するのがベターでしょうかについて。そう考えます。もし、近々の定時社員総会が役員の任期満了に当たり、代表理事や業務執行理事の選定のため臨時理事会を開催するのであれば、短期間に2回の臨時理事会はなかなか難しいでしょうし、また当該役員を代表理事に選定することにつき、他の理事や監事さんに異論がないのであれば、その部分だけ「決議の省略」を活用して「代表理事」を選定することを検討してみては如何でしょうか。
公益法人協会 上曽山 清
 


Return to C04. 理事・代表理事・執行理事