評議委員長について

評議委員長について

投稿記事by 公益法人5年目 » 2017年5月16日(火) 15:29

お世話になっております。このQ&Aはいつも勉強になり、参考にしています。
この6月に評議員(任期4年)、理事(2年)、監事(2年)の選任が行われます。実は、現評議員長が次期理事候補になっているのですが、理事、監事は評議員会において選任されるのですが、これまで議長案(評議員長)として、予定候補の説明をして、審議されてきました。今回は、議長本人が理事候補者なので議案審議上、問題はないのでしょうか。その議案は評議員長が退出して、他の評議員を議長にして審議すればいいのか、教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いいたします。
公益法人5年目
 

Re: 評議委員長について

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2017年5月17日(水) 15:29

公益法人5年目 様

メールありがとうございます。
解任の場合はさておき、選任については自薦他薦は認められています。法令上も法人との利益相反には当たりません。
もっとも李下に冠を・・・ということで、棄権する、議長を降りることは運営上問題なければ差し支えないものと考えます。ご本人の考え方、運営上からご判断されてはどうでしょうか。
                                                                 以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 


Return to C02. 評議員・評議員会の運営