総会の議長について

総会の議長について

投稿記事by 新米担当者 » 2016年6月13日(月) 14:41

初歩的な質問で申し訳ありません。
代議員制度を導入している公益社団法人です。
定款と社員総会規程により、社員総会の議長は、会長(代表理事)がこれに当たると規定されておりますが、
この場合、会長(代表理事)は代議員であることは必須でしょうか。
代議員でない会長(代表理事)が社員総会の議長に当たることに問題ありますでしょうか。
新米担当者
 

Re: 総会の議長について

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2016年6月21日(火) 16:03

新米担当者 様

遅くなりました。すみません。
代議員制を敷いているかにかかわらず、社員総会の議長をどのように選ぶかについては、法令では特に示されていません。法人自治と考えられます。
貴法人の定款、総会運営規則の定め、又は慣習によるものと思われます。ご質問に記載の様子では、代表理事が議長の職を務めるとの定めだけで社員でなければならないとの記述がありません。
議長を社員の中から選ぶ定款等の定めがあれば社員でない代表理事は議長になれませんし、理事は社員から選任する定款等の定めがあれば代表理事は社員である議長となる定めをしていることになります。定款等の定めを再度ご確認してください。これらの定めがなく、また慣習も特になければ、代議員である社員でなくても議長に就任することができると考えます。法令の定めがありませんので、貴法人の団体としての活動の性質等から、法人自治として相応しい選び方を検討されてはどうでしょうか。

                                                                                  公法協星田寛
公法協相談員星田寛
 

Re: 総会の議長について

投稿記事by 新米担当者 » 2016年6月21日(火) 16:52

星田 様
分かりやすくご回答いただき、ありがとうございました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
新米担当者
 


Return to C01. 社員・社員総会の運営



cron