社員総会で承認を受ける計算書類

社員総会で承認を受ける計算書類

投稿記事by たらこ » 2014年5月08日(木) 15:23

いつも拝見させていただいております。

社員総会で承認を受ける計算書類には貸借対照表・損益計算書・事業報告書・これらの附属明細書があるかと思います(公益法人の場合には財産目録も)が、内訳表は社員総会で承認を受けなくてはいけない計算書類に入るのでしょうか?
承認を受けた方が良いとは思いますので総会資料に添付しようとは思いますが条文ではどうなのでしょうか?

基本的なことで申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。
たらこ
 

Re: 社員総会で承認を受ける計算書類

投稿記事by 公益法人協会 岡部 亮 » 2014年5月09日(金) 15:43

たらこ  様

法人法には「内訳表」にかかる定めはありません。内訳表付きで社員総会の承認を受けても差し支えないというだけです。
認定法については認定法規則に第30条(収支予算書の区分)第6項にて損益計算書については内訳表作成が義務付けられていますが、貸借対照表等にかかる定めはありません。いずれにしろ内訳表は内訳であって独立した計算書類ではありませんので、これだけをとりあげで承認要否ということはありません。
公益法人協会 岡部 亮
 

Re: 社員総会で承認を受ける計算書類

投稿記事by たらこ » 2014年5月11日(日) 06:34

岡部 様

ご回答いただきありがとうございました。

条文を再度確認いたします。
たらこ
 


Return to C01. 社員・社員総会の運営



cron