社員総会への決議の省略及び報告の省略について(法律59条関連)

社員総会への決議の省略及び報告の省略について(法律59条関連)

投稿記事by (公社)日本海難防止協会 » 2021年3月19日(金) 13:59

日本海難防止協会 総務部 笠間と申します。

質問内容
社員総会の開催通知発出後、
書面審議、いわゆるみなし総会に変更した場合の法59条の社員総会への報告の省略に係る同意の意思表示についての質問です。
具体的には、理事会で承認を得た次年度の事業計画及び収支予算を総会へ報告することの手続きについてです。

総会資料(議案及び報告事項(事業計画及び収支予算)に議決権書(同意書)を添付して
議案の同意の有無を確認しますが、
報告事項にあっても「社員総会への報告を要しないこと」についての同意の有無の確認手続きが必要となるのでしょうか?
素人的には、総会資料に報告事項に係る資料も含まれており、総会へ報告したものと理解するのですが、
当会では、このような場合でも社員総会への報告を要しないことについての同意確認の手続きをとっており、疑問を感じたところです。
私の条文の理解不足やみなし総会の認識間違いがあるかもしれないと思い、質問した次第です。

法令の理解が曖昧では、適正な手続きができないと思い質問した次第です。ご教授のほど宜しくお願いします。
(公社)日本海難防止協会
 

Re: 社員総会への決議の省略及び報告の省略について(法律59条関連)

投稿記事by 公法協相談員星田寛 » 2021年3月24日(水) 13:33

(公社)日本海難防止協会 様

投稿、ありがとうございます。なお、実名は避けられたほうが良いと考えます。
法令の定め方(一般法58と59)から、理事会にて、総会のみなし決議、総会へのみなし報告の2つの同意・承認を得ることになると考えます。
つまり、「決議議案と報告事項」を分けているように、社員への提案書には2つ、みなし決議の同意と報告省略の同意を得る必要があります。
ご質問に記載の通り、報告内容を掲載した提案書を社員に送り「社員総会への報告を要しない旨」の同意を決議省略の同意と共に得る必要があると考えます。
ご質問に「社員総会への報告を要しないことについての同意確認手続きをとっており」と記載されていますが、どのように同意確認手続きをされているのかが分かりません。
要は、同意は目的事項の決議と省略する報告の2つについて必要と考えます。
議案と報告を同一の提案書に記載するとしても、2つの意味を明記する必要があると考えます。
また、議事録(一般法施行規則11条1号2号)も決議と報告の省略の旨を明記するものと考えます。
なお、ご存知の通り、総会招集通知後にみなし決議に切り替えるには改めて理事会にてみなし総会、みなし報告の旨の承認を得ることになると考えます。
                                                                   以上 星田寛
公法協相談員星田寛
 


Return to C01. 社員・社員総会の運営