ページ 11

評議員会の承認?

投稿記事Posted: 2016年6月30日(木) 17:14
by 幼稚園並み
移行財団法人です。公益目的支出報告書についてお尋ねします。
これまで監査と理事会承認だけで提出して受理されていましたが、評議員会の承認も必要だと聞きました。それは本当でしょうか。また、その方的根拠はどこに規定されているのでしょうか。いまさら基本的な事で申し訳ありませんが、ご教示ください。

Re: 評議員会の承認?

投稿記事Posted: 2016年7月06日(水) 11:20
by 公益法人協会 相談員
下記に回答します。

添付書類としての計算書類等は当然のことながら評議員会の決議が必要ですが、それ以外は理事会の決議で十分です。

内閣府のHPからダウンロードできる「定期提出書類の手引き 移行法人編」
 https://www.koeki-info.go.jp/pictis_portal/common/index.do?contentsKind=050&gyouseiNo=00&contentsNo=00101&syousaiUp=0&procNo=contentsdisp&contentsType=02&bunNo=1121088546&meiNo=1120876411&topFlg=0

のP5に下記記載がありますので参照ください。

「提出書類のうち計算書類等については法人法等に定められた法人の意思決定を経たものを提出してください。その他の提出書類についおいても、少なくとも理事会の決議を経た上で、行政庁に提出してください。」

Re: 評議員会の承認?

投稿記事Posted: 2016年7月07日(木) 11:11
by 幼稚園並み
ご教示ありがとうございます。
ご指摘の5ページの注記のほか、1ページ中ほどの記述にも「公益目的支出計画実施報告書についても、監査を受け、理事会の承認を受けた後、社員又は評議員に提供し、社員総会又は評議員会に報告する必要があります」とあり、やはり評議員会の承認は必要ないのではないでしょうか。

Re: 評議員会の承認?

投稿記事Posted: 2016年7月08日(金) 14:18
by 公益法人協会 相談員
ご指摘のとおり、承認ではなく報告義務があります。