監事の任期途中の死亡

監事の任期途中の死亡

投稿記事by ちーちゃん » 2020年4月08日(水) 20:51

いつもお世話になっております。
当財団は、監事が2名(定款では2名以内)の一般財団法人です。
3月決算、6月に理事会と評議員会を予定しております。
監事のA氏が任期途中で4月に亡くなりました。

死亡による変更登記を行い、決算書類の監事監査は、もう一人の監事のB氏にお願いして、
新しい監事の選任は6月の評議員会で行うことで問題ないでしょうか。
(監事の補欠選任をしなくても問題ないでしょうか)


ご回答よろしくお願いいたします。
ちーちゃん
 

Re: 監事の任期途中の死亡

投稿記事by 相談員 上曽山 清 » 2020年4月17日(金) 20:56

ちーちゃん様

新型コロナウィルスの感染が広がりを見せている中、法人運営は種々の困難に直面しておりご苦労が多いことと拝察を致しております。
監事2名のうち、1名が4月にお亡くなりになった由、お困りのことと存じます。
監事は独任制と言って、監事お一人お一人が単独でその権限を行使できるとされていることから、もう一人の監事に監査を行っていただければ問題はありません。長期間にわたって欠員にしておくことは望ましいことではありませんので、出来るだけ早く(6月の定時評議員会において)監事1名を選任することをおすすめします。
相談員 上曽山 清
 


Return to B05. 監事・会計監査人



cron